【肩こり・首こり】電話を肩と耳で挟めますか?

首の可動域が低下=回復力の低下

 

 

こんにちは。

 

生まれつきストレートネックで肩こりがあるスタッフ山田です。

 

皆さん、手を使わずに肩と耳で受話器を保持する事ができますか?

 

 

 

 

もし、昔は出来ていたのに、この頃できなくなった!というようでしたら、明らかに頚部の可動域が低下しています。

 

首こり、肩こりは、筋肉の柔軟性があり、かつ可動域が確保されていると、筋肉のポンプ作用が機能します。そして老廃物を押し出し、新しく栄養・酸素に富んだ血液を吸い上げる事が出来ます。

 

つまり、電話の受話器を耳と肩で挟めなくなってきた方は、慢性的に肩こりが悪化してきている、という事なのです!

 

肩・首の可動域を広げるストレッチはコチラをご覧下さい。

 

 

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

肩こり改善動画①

https://www.helloprimy.com/news/20210327/

 

それでも肩こりが改善しない方は、もう治療が必要かもしれません。すぐにお電話下さい。

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

痛みと歪みの整体マッサージ

プライミー鍼灸整骨院 横浜日吉本院

電話 045-560-1722

 

お問い合わせメール

 

雇用条件はコチラ

 

東横線 グリーンライン 日吉駅 (川崎市中原区武蔵小杉・元住吉から最短3分、横浜市港北区綱島、大倉山、菊名から最短9分)

 

新店舗住所:(2/13?)

〒223-0062

港北区日吉本町1-20-9 重田ビル2階

 

 

旧住所:

〒223-0062

神奈川県横浜市港北区日吉本町1-5-24

 

地図

?