【ストレートネック】スマホ首(スマートフォン症候群)って何?!

 

20代後半から肩こりを感じ始めたスタッフの山田です。

私は、ストレートネックと言われる、元々首の形状があまり良くないのですが、後天的にストレートネックになってしまっている人が増えているということをご存知でしょうか?

いわゆるスマホ首スマートフォン症候群とも言われる状態なのですが、後天的に悪化する原因がいくつかあります。

その代表例を3つご紹介します。

① ムチウチ

② うつむく時間が長い

③ 首の筋肉が硬い

ストレートネックは、構造的に首・肩の負担が大きく、頭・首を支える筋肉が硬くなりやすいのが特徴です。

しかも、その筋肉が硬くなったことで姿勢の維持がさらに困難になり、状況が悪化しやすいのです。

初期段階であれば、以前ご紹介した方法で予防、対策が取れますので、下の画像をタップしてご覧ください。

 

 

また、慢性的にコリを感じていたり、可動域が狭くなってしまっている方は、ストレッチだけでは効果的ではありません。

1回1回の治療で確実に改善させながら、最適なセルフケアをして改善を続けると、きっとまた痛みやコリが気にならない生活に戻ることができますよ!

まずはすぐにお電話下さい。

 

 

プライミー鍼灸整骨院